試聴する

太陽とヘミングウェイ

この曲の表示回数 8,343
歌手:

今井美樹


作詞:

布袋寅泰


作曲:

布袋寅泰


南の島で 誰もいない浜辺で
静かに流れる 雲を見つめながら
つめたく冷えた ラムコーク飲んで
太陽の眩しさで 心灼きつくしたい

光と風 素肌に浴びて
波の音に そっと抱かれて

どこまでも続く水平線と
果てしなく青い空があれば
何もいらないわ それだけでいい
孤独さえ抱きしめて踊りましょう

「小さな夢をひとつずつ叶える」
自分に誓って 最初の冒険は
ポケットにそっと 私の大好きな
物語忍ばせて はじめての一人旅

ガイドブックにのらない島に
風のように そっとエスケープ

キラキラと光る 銀の海を
見つめてるだけで 満たされるの
絡まった心 解きほぐして
今はただ潮騒と戯れたい

太陽とヘミングウェイ…そして私
溢れる情熱 胸に秘めて
涙も愛しい運命なら
孤独さえ抱きしめて踊りましょう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:太陽とヘミングウェイ 歌手:今井美樹

今井美樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-08-23
商品番号:WPCV-10096
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP