Close to the sky

この曲の表示回数 7,867
歌手:

奥井亜紀


作詞:

奥井亜紀


作曲:

奥井亜紀


通い慣れた坂道を
駆けあがると
桜の校門が見えてきて
花びらが涙のように
私の記憶を
連れて舞い降りてくる

この場所で卒業式の
記念写真を撮った
アルバムの中で
私は笑いかたを知らない

泣きたいのは私のほう
陽の光りはまぶしくて
今なら教室の窓を開けることができる

泣きたいのは私のほう
こんなに空が近いなら
あの日の私も見上げてみれば良かったのに

私のレッテルはとうとう
はがせなかったけど
あだ名で呼ばれたかった
ずっと側に行きたくて

泣きたいのは私のほう
陽の光りはまぶしくて
今なら教室の窓を開けることができる
泣きたいのは私のほう
こんなに空が近いなら
あの日の私も見上げてみれば良かったのに
通い慣れた坂道を
駆けあがると
桜の校門が見えてきて
花びらが涙のように
私の記憶を
連れて舞い降りてくる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Close to the sky 歌手:奥井亜紀

奥井亜紀の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994/04/25
商品番号:WPC6-8013
ダブリューイーエー・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP