FEB

作詞:三原康司
作曲:三原康司
編曲:フレデリック
発売日:2023/02/22
この曲の表示回数:6,787回

FEB
白い息で生まれたキャンバスに
描き続けてく夜の街
外を見て輝く星屑の照明

古い風が吹き荒れ時が立ち
ひとひらの雪で思い立つ
なにげない時間が突き刺さっていたんだ

今年の季節は夏が長すぎたな
こんな想いも空から落ちてく

2月の風があなたにとっても
心を照らすものであるように
いまだに街は変わり続けてゆくよ
ふたりだけの歌を残して いつまでも

心の椿を忘れてしまわないで
どんな痛みも静かに溶けてく

夜空の奥になにがあろうとも
涙を照らす歌があるように
いまだに僕は変わり続けてゆくよ
ふたりだけの歌を残して いつまでも

2月の風があなたにとっても
心を照らすものであるように
いまだに街は変わり続けてゆくよ
ふたりだけの歌を残して
音の中に君を残して
どこまでも

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

×