ECHOES & STUTTER

この曲の表示回数 9,706
歌手:

EL-MALO


作詞:

會田茂一


作曲:

EL-MALO


天にのぼる気分だった
君と聴いた歌が
底無しの退屈に
軽い意味をつけた

天にのぼる気分だった
僕の見てた朝は
意味も無く書き綴った
君のメモに似てた

天にのぼる気分だった
君の聞いた声が
台無しに溶けていった
ずっと奥で束になった

天にのぼる気分だった
君のために僕は
大人しく朝を待って
底無しの影になった
いつになく楽になって
風の無い午後を渡った
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ECHOES & STUTTER 歌手:EL-MALO

EL-MALOの新着情報

  • Time / ♪ぼんやりと絶えず漂う波に
  • FALLIN' / ♪余りに早い流れの中でからっぽ
  • CALM(凪) / ♪行き先を失くした舟の様に
  • わらくぜん / ♪目に映るものすべてそのままに
  • THIS IS THE END / ♪咬み合わず崩れた世界を

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-08-01
商品番号:TFCC-88101
トイズファクトリー

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP