夢花火

この曲の表示回数 7,729
歌手:

鴨川


作詞:

目崎清虎


作曲:

目崎清虎


いつか見た時何も言えずに そっと優しい風に吹かれた姿
思い出してる今は遠く
夏の幻 銀色の星 落ちる所まで 迎えに行くよと何時も
想ってるのさ 今は近く すぐ傍に

初めて話し掛けたあの最後の放課後で
聞こえないフリして笑う 横顔ばかりみていたはずなのに
それだけで…

今宵 夏彩る花が咲く
二人肩並べ語り合い 互いに響く音が何かと
確かめる様にそっと手を握る
このまま時間が止まればいいのに 答えは夜空を明るく染めた

また来る夏に会うその前に離れてた夜も在ったけれど
思い悩み合えた日々が大切にここにあるから

今宵 夏彩る花が咲く
二人往く同じ駅への道 これからもずっと傍にいて
色んな事を話して欲しい
このまま時間が過ぎて行くのを
感じてるのさ 手を繋ぎながら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢花火 歌手:鴨川

鴨川の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP