黄昏 ~愛しさが降り積もる~

この曲の表示回数 4,795
歌手:

速水奨


作詞:

森由里子


作曲:

伊藤ヨシユキ


羽根を休めよう 羽ばたいた鳥が
じっと休むように おまえの傍ら
孤独をたたんで 言葉さえしまって
何故だろうか? いつか こんな時間が
あったようだ 遙かな前世に…

黄昏が舞い降りる この部屋ごと
恋を包むように 愛しさが降り積もる
この心は おまえで満ちている

夕暮れに灯る 明かりに似ている
おまえの微笑み 見続けていたくて
他愛もないこと 少し話をして 戸惑うほど
今は日暮れ刻の寂しさが 優しさに変わる…

黄昏が流れ出す ふたりの影
ひとつにするため 愛しさが降り積もる
しらずしらず おまえを抱き寄せ

黄昏が舞い降りる この部屋ごと
恋を包むように 愛しさが降り積もる
この心は おまえで満ちている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:黄昏 ~愛しさが降り積もる~ 歌手:速水奨

速水奨の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-07-12
商品番号:KECH-1171
コーエーテクモゲームス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP