あたらしい愛の詩

この曲の表示回数 8,497
歌手:

鈴木祥子


作詞:

鈴木祥子


作曲:

鈴木祥子


東京の夕暮れは 予感のように美しい
夢みてた自由が あなたを壊してしまうとき

ひとりになるのが怖くって 誰かにささえてほしくって
いつでもわがままでごめんね。あなたがいて幸せだった。

I still love you、ここで 暮らした日を忘れない。
孤独に負けない力を与えてください。

愛されてることに甘えながら生きてきた
愛することよりも 自分だけが大事だった

この街で育ってきたって ふるさとはどこにもなくって
海がひろがる陸橋(はし)に立って、深い夜を抱いているよ。

愛がただの名前にすぎなくなって、ふたりが違う自由を探しても
“そこにいつもあなたがいて幸せだった。”

I still love you、ここで 過ごした日を忘れない。
孤独に負けない 勇気を与えてください。力を与えてください。

どうか守ってください。力を与えてください。
孤独に負けないように。自由に負けないように。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あたらしい愛の詩 歌手:鈴木祥子

鈴木祥子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-12-10
商品番号:WPC6-10050
ダブリューイーエー・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP