フェイク・ファー

堀江由衣

フェイク・ファー

作詞:松浦有希
作曲:松浦有希
発売日:2001/11/29
この曲の表示回数:8,455回

フェイク・ファー
いつのまにか 朝焼けになってた
世界が今日も動き出す moment

私がいても 私なしでも
時代はただ進んでいく…だけど

耳をふさいでも どんなに気をそらしても
聞こえてくるざわめきかきわけて 呼ぶ声が

今度いつ君に逢っても 現在(いま)の私を誇れるよ
胸をはって 明日を見つめてる
ときにはつまづいたって せいいっぱいの輝きで
まだフェイク・ファーだけど
優しさの意味 教えてくれた君がいるから

信じること 失くしそうになって
心にそっと訪れた silence

たとえどんなにまわり道でも
自分にウソはつけない…だから

空の向こうに 確かに未来は腕を広げてるよ
まばゆい光の射す場所へ

今度もし君に逢ったら どんな私に見えるんだろう
それを「恋」や「夢」と呼ぶのなら
二度とない瞬間を超えて いつだって旅の途中で
まだフェイク・ファーだけど
勇気という名の温もり くれた君がいるから

遠い日においてきた憧れ 
思い出の隙間から こぼれおちて
わたしをまっすぐにみつめているから
I wanna go 行かなくちゃ

丘の上ひとりきりで 風に吹かれて 立っている
おだやかな笑顔を携えて
これからも何処へだって 私は駈けていけるでしょう
きっとフェイク・ファーだけど
求め続ける情熱 それが真実だから

今度いつ君に逢っても 現在(いま)の私を誇れるよ
胸をはって 明日を見つめてる
ときにはつまづいたって せいいっぱいの輝きで
まだフェイク・ファーだけど
優しさの意味 教えてくれた君がいるから

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません