僕の部屋から

この曲の表示回数 6,412
歌手:

海援隊


作詞:

武田鉄矢


作曲:

千葉和臣


春の終りの夏の始め
君はそんな季節が好きなんだね
風に揺れてる洗たく物みつめて
倖せそうなため息ばかり
まだ帰らなくてもいいだろう
僕の部屋から

春の終りのたそがれ雲は
君の瞳の中で苺色に
今日は八百屋のおばさんに
ひやかされたね
”赤ちゃんまだですか”って
ホラ!帰り仕たくは早すぎるよ
まだ 六時半

夏の始めのさみしい風
君はエプロン姿にシャボンの手袋
僕はヒザを抱えて口笛吹いて
最終電車はもう出たし
タクシーなんかはぜいたくさ
もう 帰らなくてもいいだろう
僕の部屋から
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:僕の部屋から 歌手:海援隊

海援隊の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-06-21
商品番号:VPCC-84561
バップ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP