木洩陽の記憶

MISIA

木洩陽の記憶

作詞:及川眠子
作曲:DJ EMMA・松井寛
発売日:2021/12/01
この曲の表示回数:9,265回

木洩陽の記憶
手をのばした 空の欠片つかむように
彼方にいるあなたに声届けたくて

街は少しだけ あれから色を変えて
孤独に慣れた唇でいま
じょうずに微笑えてるけど

あなたといた日々 まだ残ってる胸の片隅
そこだけなぜか泣きたいくらい ひどく眩しくて
木々のささやきと光の波が寄せては返す
まるであなたは 私のための木洩陽の記憶

振り向くたび雲の流れ追いかけてる
彼方の碧 あなたもいま眺めてるの

同んなじ速さで 歩んではいけなくて
未来へ向かう道の途中で
はぐれてしまったけれど

あなたと見た夢 愛の足跡刻むみたいに
奏でた歌を思い出すたび いつもあたたかい
まぶたを閉じれば あざやかなまま時を映して
また出逢えると語りかけてる 木洩陽の中で

あなたといた日々 まだ残ってる胸の片隅
そこだけなぜか泣きたいくらい ひどく眩しくて
木々のささやきと光の波が寄せては返す
まるであなたは 私のための木洩陽の記憶

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム