黄色い月

この曲の表示回数 14,222
歌手:

石原裕次郎


作詞:

萩原四朗


作曲:

野崎真一


古い さびれた 桟橋を 渡れば つづく 街の屋根
俺のうまれた 家の跡かよこの辺り
たたずむ横丁に 夕陽が翳る

無理な 旅して 来はしたが
見るのが 辛い 故郷の月
俺とあの娘が 生木裂かれて泣いたのを
見ていた昔の 黄色い月だ

古い さびれた 桟橋を もどれば 暗い 船が待つ
俺の背中を 二度と呼ぶなよ海燕
あの娘もあの日も 帰らぬものを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:黄色い月 歌手:石原裕次郎

石原裕次郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-06-23
商品番号:TECE-28479
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP