花巻ひとり

裕子と弥生

花巻ひとり

作詞:澪かずや
作曲:澪かずや
発売日:2021/07/28
この曲の表示回数:1,299回

花巻ひとり
昨年今頃あなたと 二人で歩いた
花巻の街を今日
一人ひたっています
夜の小雨は想い出までも
流して私を無知人にする
濡れた髪白い吐息
寒さが身にしみます

いつかの宿も部屋も同じなのに
あなただけがいない時
むなしく過ぎて
愛のたわむれ昔のように
浴衣姿鏡に映しています
静かな夜おもい心
淋しさが身にしみます

湯の中から見る窓は白い小雪が
何も知らないままでただ
地面をうめています
過去の身体を泉で流し
明日から一人で生きていきます
夢の人散った恋
湯けむりが身にしみます

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

RANKING

裕子と弥生の人気歌詞ランキング

リアルタイムランキング更新:20:00

  1. SPLASH!
  2. 阿修羅ちゃん
  3. Cry Baby
  4. 時を超えて
  5. 明け星

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ハート
  2. Rocketeer
  3. Brighter
  4. 明け星
  5. 阿修羅ちゃん

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照