真昼の月明かり

月詠み

真昼の月明かり

作詞:ユリイ・カノン
作曲:ユリイ・カノン
発売日:2021/07/07
この曲の表示回数:44,814回

真昼の月明かり
真昼の月の明かりの下
君が幽かに見えたんだよ

ほら もう藍の空に融けた想いに手を振る

アデュー アデュー

悴む指を包む
その体温に溶けては滲む痛み

すめく夜に 途切れないように
また鍵をかけて

隠していたいとか思ってるって本当のとこは
伝えたいことがあるってことって気付いてる

一秒で過去になるんだ この瞬間さえも
そう、昨日の明日に生きながら

明日が人生最後の日だとして
今日なにをしても悔いは残る

ああ「もう消えたい」なんて嘘だ
でもどうしてもここが痛いんだ

満ちては欠ける月のように
この心もまた形を変える

今を この時の思いも
歌にして綴じ込められるかな

木立と線路に沿い二人が歩いた足跡だけ残る

降り濡つ帰り道
その手を離さずいられたら

ねえ、まだ夢を見てる

全部が嘘みたいだ

ああ
今日まで何度も目覚めて
でも僕は今もあの日のまま

終わる日は遠くて近くて

碧落を見上げて 月を待つ

残る人生最初の日が来て
昨日のことさえ忘れていく

どうでもいい
愛も夢も
救えやしないから なにも

もう世界が終わっても構わない
とか歌う誰かの嘘が痛い

きっと願っても叶わない
でもどこかで期待して生きて

真昼の月の明かりの下
君が幽かに見えたんだよ

ああもう
この最後の時まで
なあ どうして言葉が出ないんだよ

言えないまま手を振る

アデュー アデュー

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム