夏の終り

この曲の表示回数 33,209
歌手:

小田和正


作詞:

小田和正


作曲:

小田和正


誰よりも なつかしいひとは
この丘の 空が好きだった

あきらめないで うたうことだけは
誰にでも 朝は訪れるから

やさしかった恋びとよ そのあと何をいいかけたの
ぼくの言葉があなたを さえぎるように
こぼれた あの時

駆けぬけてゆく 夏の終りは
薄れてゆく あなたの匂い

今日はあなたの 声もきかないで
このまゝ こゝから 帰るつもり

そっと そこに このまゝで かすかにかがやくべきもの
決してもういちど この手で 触れてはいけないもの

でもあなたが私を 愛したように

誰かをあなたが 愛しているとしたら
あゝ 時は さらさら 流れているよ

夏は冬にあこがれて 冬は夏に帰りたい
あの頃のこと 今では すてきにみえる

そっと そこに このまゝで かすかにかがやくべきもの
決してもういちど この手で 触れてはいけないもの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の終り 歌手:小田和正

小田和正の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996/02/01
商品番号:FHCL-2003
ファンハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP