試聴する

野蛮な再会

この曲の表示回数 6,873
歌手:

井上陽水


作詞:

忌野清志郎・井上陽水


作曲:

忌野清志郎・井上陽水


つきあってた頃の君は
おもいだし笑いが得意
じゃれあっては夜の度に
強がりなんて言って

スカートを下げても
ブローチでとめても
時計の針のようで

抱きあっては夜の度に
忘れにくい夢も見たが
気になってるだけの僕は
笑われているみたい

ブルースをきいても
マティーニを飲んでも
砂漠の果てのようで

もう一度あうなら
久しぶりに君に
星屑の中で甘くささやいて、散りばめて

燃えあってもいまの月は
高速道路からの眺め
重なっても夜にふたり
道にはずれているみたい

スピードをあげても
ブレーキをかけても
野蛮な恋のようで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:野蛮な再会 歌手:井上陽水

井上陽水の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-10-21
商品番号:FLCF-3527
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP