Hurts Good

この曲の表示回数 11,745
歌手:

WANDS


作詞:

木村真也


作曲:

木村真也


ただやるせない思いで街の風に
身をまかせた 輝いて見えた 夢の中身は
笑えない道化師だった
投げてしまえたら どんなに楽だろう
それでも時が 僕を許さない

心そのまま 逆らうことなどやめて
孤独の川 流れて行こう
そして最後の海に たどりついたとき
ちっぽけな僕を 笑えばいいさ

汚れないものが もてはやされていた
そんな時代は終り
何がいいのか 見えない世の中で
どんな歌を歌えばいい?
カラマワリしてる心じゃ
誰かの悲しみなんて 分かりはしない
だけどいつでも 朝日は昇り始める
晴れ渡る空を信じて
時が痛みを忘れさせて くれる日まで
ちっぽけな夢を 追いかけよう

心そのまま 逆らうことなどやめて
孤独の川 流れて行こう
そして最後の海に たどりついたとき
ちっぽけな僕を 笑えばいいさ

だけどいつでも 朝日は昇り始める
晴れ渡る空を信じて
時が痛みを忘れさせて くれる日まで
ちっぽけな夢を 追いかけよう

いつもこの心に
Hurts Good
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Hurts Good 歌手:WANDS

WANDSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/02/11
商品番号:JBDJ-1034
ビーグラム

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP