この曲の表示回数 3,854
歌手:

TRANSTIC NERVE


作詞:

TAKA


作曲:

TAKA


吐く息は白く 不意にぬくもりを想う
夜明け前 頬を刺すような
痛みにそっと 心が揺らめく
塞ぎ込んだ時を過ぎ
待ちわびた季節は
もうすぐそこまで
目覚める季節の 息吹が聞こえる

眩しいほどの光を 集めて始めようよ
色あせて見えた 木々の青も この街も
喜びに輝いて
星の降り注ぐ 透明なこんな夜は
無邪気に 足早に過ぎる
日々の憂いも まとめて溶けゆく
臆病過ぎた君よ今 訪れと共に
さあ生まれ変われ
いつまでもそんな うつむいてないで
優しい風の中へ
羽ばたく鳥のように
僕らは自由に 何処へだっていけるのさ
その胸の想いよ 舞い上がれ

傷口は まだ傷むけど
変わらずに信じていて ずっと
目覚める奇跡の 息吹が聞こえる
眩しいほどの光が
すべてを 包みこんでゆく
めぐりくる季節に 強く綺麗な花を
その胸に いつまでも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:街 歌手:TRANSTIC NERVE

TRANSTIC NERVEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP