B級映画のように

この曲の表示回数 4,743
歌手:

伊勢正三


作詞:

伊勢正三


作曲:

伊勢正三


時代の子供のように
店の片隅
飲み明かしたね
おまえとはあの頃

戦う大人でいたいと
口をとがらせ
悲しいくらい
うぶな時代だった

すべて心のままに
傷つき破れて恋したように
時を駈け登るだけ たとえ
それが下りて来る
エスカレーターでも

おまえと約束したこと
悪ガキのように
常識の窓
飛び降りきれなくて

誰かを見上げるような
見下すような
白いカードの
肩書きも ちぎれず

今は都会の中に
いつしか紛れて
暮らしてるけど
ずっと風を待つ船 今も
胸の片隅に
そっと繋いでるよ

今は忘れかけてる
B級の映画の生きざまのように
風を心にうけて おまえと
肩をいからせて歩いた帰り道

それは忘れかけてる
心にぐっとくる たまらないもの
誰も知ってるはずさ
たとえ それが演歌でも
ロックンロールでも
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:B級映画のように 歌手:伊勢正三

伊勢正三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-05-20
商品番号:FLCF-3504
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP