試聴する

白無垢

この曲の表示回数 6,794

悲しくもなく
ただ情けなくて俯いて
轍と足跡で泥まみれの
一昨日の雪に苛ついた
手を繋ぎ歩くような
綺麗なもんじゃないけれど
走馬燈のような思い出
少しだけ滲んだ

別に何も変わることはない
詮無い生活 が続くだけだぜ
なんて狐と葡萄みたいなこと
吐き捨てるほど
虚しくなんだな

いつかの君が纏った白無垢の雪は
暖かで柔い真綿のようでした
いま僕の上に降って脆く崩れてくそれは
重く冷たい涙のようなみぞれでした

アスファルトの泥を撥ねて
忙しく駆けずる人の群れの中
失うはずのないものを失い
その残滓に縋りついていた

君にそれを告げられた朝
僕の表情は間抜けていただろう
想像しただけで笑えてくるのに
君は少しも笑わなかったな

優しい記憶だけ抱いて眠りたいのに
アルコホルじゃこの目は冴えてしまうのだ
街を這いずり回ってただくだ巻いても虚しい
君に触れたい

いつかの君が纏った白無垢の雪は
暖かで柔い真綿のようでした
いま僕の上に降って痛みをぼかしてくれたのは
重く冷たい涙のようなみぞれでした

せわしい街の只中なるしめやかさよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白無垢 歌手:キタニタツヤ

キタニタツヤの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-12-23
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP