試聴する

セントエルモ

この曲の表示回数 512
歌手:

こぴ


作詞:

5u5h1・こぴ


作曲:

5u5h1


気づけば失くしてたほどのちっぽけな灯火が
あの水平線の向こう輝いている
形だけの日々を過ごすことに精一杯だった
僕はそれを見えないようそっと隠していた

こんな惨めで情けない僕を誰かが呼んだんだ
振り返ってみてもそこに誰もいないけど
嘘にまみれた雑踏で 擦り切れた価値観で
夢の名残に縋っている 亡霊のようだ

器用さ身につけるほど
本当の僕は薄れてく そういうものさ
それなのに、この鳴り止まぬ心臓の意味を
どうか教えてくれないか

訪れることのない夜明けを待った
幽霊船はまだ揺られているのだろう
そして夢の欠片抱くまま
何時か水底に忘れられるのだろう

転ばないよう俯いたまま歩くようになって
そんな僕を君が見たらどう思うだろう

誤魔化すような笑顔で
昨日を台無しにするのは もう止めにしよう
灯りが無くても 何を頼りにすればいいかは
分かっているはずだから

辿り着くことのない場所を目指した
幽霊船はまだ帆を上げているのだろう
ボロボロでも選んだ航路(みち)だ
きっと僕らは同じだと気付いた

近づくほど遠くなる答えでも
確かなものをそこに感じたんだろう

だから 選び取ったこの航海で
舵を取るのは僕以外にいないんだと
ありのままの心が言うから
僕は僕のまま君を迎えに行こう
僕らの夜明けがそこで待っているんだ

幽霊船がまだ夢を巡るなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:セントエルモ 歌手:こぴ

こぴの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/10/06
商品番号:MK30-1
MK30 Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP