蒼い嵐

この曲の表示回数 5,028
歌手:

唯(冬馬由美)


作詞:

柚木美祐


作曲:

池毅


眠る森をざわめかせ 鳥の群れが逃げていく
怖いくらい美しい星の下に さァ立つの
瞳(め)を閉じて祈る瞬間(とき) この世界が終わる

走り出した稲妻が 私の指令(こえ)待っている
信じたいと思ってた あなたの顔映してる
こみあげる憎しみに 心を決めていく

消えてしまえ 愛されてた幻たちよ 永遠(とわ)に
裏切られた胸の痛み 今思い知ればいい
蒼い嵐が来る

風は怒り荒れ狂い 空は壊れ砕けても
そうよ願い叶うなら 未来(あした)なんて欲しくない
あなただけ幸せに 決してさせはしない

憐われまれて与えられる 愛なんかはいらない
二度と誰も 私のこと傷つけたりできない
運命はこの手に

消えてしまえ 愛されてた幻たちよ 永遠(とわ)に
裏切られた胸の痛み 今思い知ればいい
蒼い嵐が来る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:蒼い嵐 歌手:唯(冬馬由美)

唯(冬馬由美)の新着情報

  • I wish… / ♪闇に瞬く星お前もきっと
  • BEST FRIEND / ♪悲しいくらい青い空の痛み

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-08-23
商品番号:TYCY-10037
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP