とLOVEるジェネレーション

この曲の表示回数 11,838
歌手:

THE GOOD-BYE


作詞:

野村義男


作曲:

曽我泰久


砂ボコリが舞う よごれた街を
背中で感じて しらけたツラして
部屋はそのままに ポスターはがして
荷物は1つだけ 冷たいGuitar Case

恋とか愛とかも 知らずのあの頃
お前がいる事が 普通に見えた

時がたつ様に 人も流されて
俺は俺なりに ここを出て行くのサ

泣かないで せめないで 気ままなこの俺を
だけど Hold me,Love me,Touch me!

できすぎたウソも 気づかぬフリの
けむたくなるホド 気のきく娘だったよ

あの娘も今頃は きれいな花よめ
しあわせになれるサ くるしいくらい
時がたつ様に 人も流されて
俺は俺なりに ここを出て行くのサ
俺は俺なりに ここを出て行くのサ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:とLOVEるジェネレーション 歌手:THE GOOD-BYE

THE GOOD-BYEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-09-22
商品番号:VICL-61467
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP