ソウル物語り

この曲の表示回数 9,119

小雨の空港 見送る背中
別れの言葉が 涙でかすむ
このまま私を 連れてって
海のむこうの あの国へ
いつまた逢えるの 恋のゆくへ
秋から冬へと ソウル物語り

時間をもどせば あなたの隣り
季節がすぎれば 想い出の人
あなたに小さな 夢を見て
いつかは行きたい あの都会へ
心のぬくもり 消えぬように
秋から冬へと ソウル物語り

落葉が終れば 冷たい雪が
心に窓辺に また降るでしょう
最後に交した 約束を
忘れず届けて あの人へ
その日が来るのを 胸にしまい
秋から冬へと ソウル物語り
秋から冬へと ソウル物語り
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ソウル物語り 歌手:中川トオル

中川トオルの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991/10/25
商品番号:TKCA-30383
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP