試聴する

あらかねの器

この曲の表示回数 21,001

川の水を注ぎます
やっと出来たこの器に
溢れて踊る 光る水飛沫
まるで喜んでるみたい

迷い悩む過ぎた日々
土とろくろだけを見てた
離れなければ 視えない答えに
ずっと気づかずにいたから

霧の中 彷徨って
足りない何かを 大事な何かを
捜して 無口なまま 流離う私に
出会えた 他の世界
きっと翼をくれたの

それはこの世に一つ
言葉にはならない自分の証
華やかじゃない いびつだけれど
想いを封(と)じ込めた
この両手で ただ

くるくると 流るる季節を想う
春夏秋冬 生まれる願いを廻して
縷々と 流るる月日を想う
揺らめく川面に浮かぶ 星屑を掬い上げてた
ひたむきさを土に込めて

今は違う場所で見てる光
ここにもあると知ったの
新しい夢に 夢に
教えられて

悩む日々がなかったら
今の私はいないはず
憧れていた 別のステージへと
苦しさが導いたから

描いていた夢 イメージ
遠くへふと飛べば
道がそこに ああ

いつか私の中で
光り始めていた星を放とう
まだ拙く 不器用だけど
この自分の色は
大地の贈り物

くるくると 流るる季節の中で
花咲く季節(とき)へと夢見た 自分追いかけて
縷々と 流るる月日の中で
想いを伝えてゆこう
風のように 鳥のように せせらぎの響のように

ずっとずっとずっとずっと
大地の歌を風は歌う
山を越えて空を超えて
生命の歌を鳥は歌って

ずっとずっとずっとずっと
果てない歌を川は歌う
山を越えて空を越えて
私の歌を皆んなに届けたい

誰もその魂にある
たったひとつの器
夢を容れておくのならば
磨こう
輝くために

くるくると 流るる季節を想う
春夏秋冬 生まれる願いを廻して
縷々と 流るる月日を想う
揺らめく川面に浮かぶ 星屑を掬い上げてた
ひたむきさを土に込めて

流るる月日の中で
想いを伝えてゆこう
風のように 鳥のように せせらぎの響のように

遠きかけがえない人に
そして友とあなたに
遥かな誰かへと 歌う 明日も
星を抱いて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あらかねの器 歌手:藤原肇(鈴木みのり)

藤原肇(鈴木みのり)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/04/22
商品番号:COCC-17773
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP