試聴する

夕焼け

この曲の表示回数 171

君が笑うと どうして心があたたかいの
絡まってとけなかった
固まりさえほら ほどけてゆく

遠く目指して
公園のブランコ靴とばした
あの日となり合ってたみんなは
元気にしてるのかな

おんなじ場所にずっと
居ることはできないね
出会いに笑い、別れには
寂しさこぼれた

茜色 あたりを染めて
懐かしさが語りかける 微笑んでいる
帰り道 言いだせずにいた
ほのかな想いも今では
夕焼け

前向きでいよう
だけどね出来ないときもあった
優しさを否定して
惨めに思える夜もあった

都会の空が少し
窮屈に見えるのは
大人になったからなの?
それでも見上げた

茜色 ほほを照らすよ
希望が手をのばしている 微笑んでいる
泣いてもいい 涙はきっと
だんだん美しくなってく
夕焼け

過去に意味をつけられるのも
変えられるのも
自分自身だけだよ
だから明日へと

歩いてゆこう
いまこの瞬間(とき)を
綺麗だって思う心を重ねてゆこう

茜色 輝きながら
懐かしさと 希望が手を取り合っている
いつかまた 振り返ったときには
柔らかに君と笑えていますように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕焼け 歌手:結城アイラ

結城アイラの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/03/25
商品番号:LACA-15817
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP