1990年

菅原洋一

1990年

作詞:岡田冨美子
作曲:吉屋潤
発売日:2003/10/15
この曲の表示回数:39,272回

1990年
ル… ル… ル… ル…
ル… ル… ル… ル…
1990年 娘は 21
女の季節を 迎えているだろう

春が来て 恋を知り
夏が来て 血が騒ぎ
どんな男に どこで抱かれるやら
どんな男に 命預けるやら
秋の夜 涙して
粉雪に うちふるえ
女の悲しみを 初めて知ったとき
私のすすめる お酒を飲むだろう
1990年 娘は21
女の季節を迎えているだろう

しあわせになるんだよ しあわせな女に
母親を棄てても 父親を棄てても
しあわせの旅を続けて行くんだよ
1990年 娘は 21
ル… ル… ル… ル…

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:19:00

  1. Cry Baby
  2. 大正浪漫
  3. シル・ヴ・プレジデント
  4. 夜に駆ける
  5. ドライフラワー

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照