Summer Sick

この曲の表示回数 5,582
歌手:

SILVA


作詞:

SILVA


作曲:

黒羽康司


抱いて 抱いて まだ青い心を
せめて 嘘をついて
ゆるいカーブどうか 足を止めて
駆ける 夜の闇を

海岸線の 灯りを抜けて
聞かせない 溜め息
終わらない夏 2人は加速した

したいならキス してもいいのに
閉ざす唇から
不意に違う 名前こぼせば
波が Ah さらってく…

抱いて 抱いて 壊れてしまうほど
いつかの 夏の記憶 
他愛ないね 白い水着の跡 
どこかで 幻ね
ゆるいカーブどうか 足を止めて
駆ける 夜の闇を
抱いて 抱いて まだ青い心を
せめて 嘘をついて

同じような時間 想い出してる
彼女は肩越しに 
月のうさぎをうらやましく見てた

風に涙を 運ばせるなんて
何度もしたようで 
バックミラーに 瞳そらせば 
恋人達が笑う…

不釣り合いね 白い水着の跡
いつかの夏の記憶
抱いて 抱いて 砕けてしまうほど
切なさに息を止めた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Summer Sick 歌手:SILVA

SILVAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-06-23
商品番号:HGCB-1006
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP