試聴する

春ノ詩

この曲の表示回数 380
歌手:

吉田山田


作詞:

山田義孝


作曲:

山田義孝


春ノ詩 別れを祝うのは今日よりずっと
幸せと笑える日が来ると信じているから

ふざけあってたら 余計悲しい
昨日と違うものなんて何も無いのに

鼻をくすぐる その正体を
僕も何となく 解っている
今 目を閉じ静かに 冷たい空気を吸い込んだ

春ノ詩 別れを祝うのは今日よりずっと
幸せと笑える日が来ると信じている
涙がもうすぐそこまで辿り着いている
同じ顔をしたあなたがいる

中途半端で 味もわからない
少し焦げてる 決して甘いものじゃ無い

やり残してる 事だらけでも
君と何となく 笑っている
本当はただ怖くて誤魔化していただけだなんて

春ノ詩 君の唄う声を覚えていたい
またすぐ会えるよと笑うけど解っている
涙はそうすぐ乾いて辿り着いた先
違う顔をして僕らがいる

晴れの日に涙を流すのは本当はずっと
幸せだった事に今頃気付いてしまったから
それでも

春ノ詩 別れを祝うのは今日よりずっと
幸せと笑える日が来ると信じているから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春ノ詩 歌手:吉田山田

吉田山田の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-11-06
商品番号:PCCA-4826
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP