試聴する

kill&miss

この曲の表示回数 2,382
歌手:

teto


作詞:

小池貞利


作曲:

小池貞利


カラスが喰い散らかしていった
あそこんちの前の生ゴミは
まるで社会の縮図
いつか俺も骨になるまでやられそう

道のど真ん中でじゃれあって
踊るうざったるいカップルも
日々の憂鬱からの
反動というなら俺の怒りはどこに

うぉーと聞こえる薄っぺらい熱狂に唾を吐く

今地球がひび割れたら
胸の奥のこの思いは
全てが無に全て遠くに
誰にもただ気づかれぬまま

昨日の夜 君が俺にただ
中指を立てている夢を見た
いつもより笑ってて
いつもより寂しい表情で

彼女の飲みこぼしたミルクが
このコンクリートに横たわって
空に蒸発していく
いっそ染みになったら忘れないのに

うぉーと聞こえる薄っぺらい熱狂も数えてく

今地球がひび割れたら

今あなたと刻んだ日は
全てが無に全て遠くに
ならば割れたあなたのもとへ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:kill&miss 歌手:teto

tetoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019/10/23
商品番号:UKCD-1182
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP