フレスベルグの少女

夜明けの手を取り高く羽ばたく日まで
安らぎのよすがに身を預けて震えている

ステンドグラスを透る光
銀の燭台きらめいて
並んだ笑顔はみんな眩しくて
自分の居場所に絆される

力のしるしに焦がされた
素顔は仮面で隠したままで

しずかに過ぎゆくこの満たされた日々に
すべてを忘れて閉じ込められていたかった

雨にうたれる石畳
濡れた背中を追いかける
振り向く瞳に戸惑って
告げかけた嘘飲み込む

叶うはずのない約束は
悲しい少女の願いだから

やさしく重ねたこの手を離さないで
隙間から大切なものこぼれないように

鈴の音響くような蒼い月あかりに照らされて
テラスをわたる風が頬の火照り醒ますまではこのままで

心を彩るいとおしいこのときの
すべてを壊すために扉を開けて

夜明けの手を取り高く羽ばたく日まで
安らぎのよすがに身を預けて震えている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:フレスベルグの少女 歌手:Caro

Caroの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-08-07
商品番号:JBCZ-4055
Being

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP