王将一代小春しぐれ 浪曲歌謡篇

椎名佐千子

王将一代小春しぐれ 浪曲歌謡篇

作詞:吉岡治
作曲:市川昭介
発売日:2019/08/14
この曲の表示回数:11,659回

王将一代小春しぐれ 浪曲歌謡篇
紅い灯青い灯通天閣の、此処は浪花の天王寺。
女房子どもを質入れしても、将棋さしたい阿呆なやつ。
貧乏手づまり千日手、それでも惚れてついてゆく、小春、三吉の物語‥‥。

苦労かぞえりゃ 八十一の
桝目に風吹く 路地裏長屋
いまは歩だって いつかはと金
駒を握れば 眸(め)が生きる
そんなあんたに 惚れてます

「小春、ほんまに死ぬ気やったんか?
…‥すまなんだ、わいはほんまに悪い亭主やった。
大阪の素人名人やらおだてられてのぼせていたんや。
もう今日から、一生将棋はささへん。
女房子どもにひもじいめさすようなこと、金輪際しやへん」
「あんた、つろうおっしゃろ。
あれだけ好きで好きでたまらん将棋をやめなはれ言うのが無理や…‥
おさしやす、おさしやす、かましまへんがな。
そのかわり、そのかわり、さすからには日本一の
将棋さしになって欲しい…」「小春……わい、今日から命がけや!」

空を仰いだ三吉の、背に回ってそっと拭く、頬の涙かはた露か、
小春しぐれを誰が知ろ…‥。

女房子どもを 泣かせた罰(ばち)は
あの世でわたしが かわって受ける
さしてください 気のすむように
将棋極道 えやないの
そばに寄り添う 駒がいる

時は流れて幾星霜 天下に坂田の名があがる…‥。

「小春、わい勝ったで…‥
すぐ大阪に帰るさかい、死になや、死になや、死んだらあかんで、小春!」

西の坂田に 東の関根
男の命を 茜に燃やす
たとえ負けよと 日本一の
あんたわたしの 王将と
小春三吉 めおと駒

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:03:15

  1. 風のライオン
  2. 石狩挽歌
  3. 君に夢中
  4. 下町銀座
  5. いつも何度でも

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 僕らの季節
  2. We Alright
  3. Have a nice day
  4. 雲外憧憬
  5. 料理

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照