試聴する

王将一代小春しぐれ 浪曲歌謡篇

この曲の表示回数 529
歌手:

椎名佐千子


作詞:

吉岡治


作曲:

市川昭介


紅い灯青い灯通天閣の、此処は浪花の天王寺。
女房子どもを質入れしても、将棋さしたい阿呆なやつ。
貧乏手づまり千日手、それでも惚れてついてゆく、小春、三吉の物語‥‥。

苦労かぞえりゃ 八十一の
桝目に風吹く 路地裏長屋
いまは歩だって いつかはと金
駒を握れば 眸(め)が生きる
そんなあんたに 惚れてます

「小春、ほんまに死ぬ気やったんか?
…‥すまなんだ、わいはほんまに悪い亭主やった。
大阪の素人名人やらおだてられてのぼせていたんや。
もう今日から、一生将棋はささへん。
女房子どもにひもじいめさすようなこと、金輪際しやへん」
「あんた、つろうおっしゃろ。
あれだけ好きで好きでたまらん将棋をやめなはれ言うのが無理や…‥
おさしやす、おさしやす、かましまへんがな。
そのかわり、そのかわり、さすからには日本一の
将棋さしになって欲しい…」「小春……わい、今日から命がけや!」

空を仰いだ三吉の、背に回ってそっと拭く、頬の涙かはた露か、
小春しぐれを誰が知ろ…‥。

女房子どもを 泣かせた罰(ばち)は
あの世でわたしが かわって受ける
さしてください 気のすむように
将棋極道 えやないの
そばに寄り添う 駒がいる

時は流れて幾星霜 天下に坂田の名があがる…‥。

「小春、わい勝ったで…‥
すぐ大阪に帰るさかい、死になや、死になや、死んだらあかんで、小春!」

西の坂田に 東の関根
男の命を 茜に燃やす
たとえ負けよと 日本一の
あんたわたしの 王将と
小春三吉 めおと駒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:王将一代小春しぐれ 浪曲歌謡篇 歌手:椎名佐千子

椎名佐千子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-08-14
商品番号:KICM-30932
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP