Soreena

この曲の表示回数 1,076
歌手:

ROGUE


作詞:

Makoto Kagawa


作曲:

Makoto Kagawa


窓打つ街の音さえも 心をかき乱すリズム
許してた嘘の数だけが 今だけは耐えられない出来事
部屋には昨日までの声 残したグラスに口紅
たそがれた差し込む光に ただ一人壁にもたれかけた夢

時計の針は色あせた場面を刻む
ぬくもりだけを置いて行く この腕に
季節を変える風に 君の髪が流されてた

いくつも罪を重ねては 無くした思い出のかたち
気まぐれと気休めを言えば 二人にはありきたりだけのセリフ

心の針は過去へと連れ戻して行く
ゆれる瞳がすれちがい 映し出す
すべてを運ぶ風に 見透かされた孤独な胸
そして季節を変える風に 君の髪が流されてた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Soreena 歌手:ROGUE

ROGUEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990/05/21
商品番号:PCCA-63
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP