試聴する

砂時計

この曲の表示回数 738
歌手:

暁月凛


作詞:

昆真由美


作曲:

藤末樹


さらさら流れる時の中
絶え間なく君を想う

忘れてしまうには 早すぎて
ひとりきり佇む 夢の跡

時が止まればいい 想うほど
そばにいたかったのは 嘘じゃないよ

振り返りながらも 進むしかない
積もる時間の 重力に
埋もれない そのために

さらさら流れる時の中
ふたりは何を残せただろう
過去も今も未来も 永遠に
絶え間なく君を想う

ガラスの檻の中 閉じこもり
消えてゆく明日を眺めてた

歩く感覚さえ 失って
力尽き倒れてしまうその前に

終わりははじまりと 気付いてるなら
落ちる最後の一粒を 合図に始めなきゃ

さらさら流れる時の中
わたしは何を残せるだろう
降り積もった過去を未来へ
逆さまに時をつなぐ

掴めば掴むほど 儚く
もがけばもがくほど 切なく
孤独という名の 砂時計
果てしなく時を刻む

さらさら流れる時の中
たとえ何も残せなくても
過去も今も未来も 永遠に
消えない想いを誓う
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:砂時計 歌手:暁月凛

暁月凛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-08-08
商品番号:SRCL-9832
SMR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP