朧月

この曲の表示回数 290
歌手:

暁月凛


作詞:

流星P


作曲:

流星P


朧に霞む春の月 この想い風と舞い散れ
宵の空に淡く融けて消え行く 数多の追憶

夢微睡んで誘い込まれ行く
時の無い部屋 ただ見つめるだけ

哀しむ事に疲れ果てて尚
届かぬ声を呟く唇

儚い熱を追い求めては今も乱れるこの世に
逃れる術を探すばかりの孤独な星

永久に続く路なら
何時迄も待つ理由も無く
憎まずとも朽ち果てられる筈と
今を捨て生きる

夢 醒めて行く 光明が目を射す
花 舞う様に 涙はらはらと落ちた

散り行き踏まれ塵となっても
何時かまた咲き誇れば
貴方の胸を彩る桜になれますか

染み渡る心の滴 穢れは未だ取れぬままで
他の誰を愛する事もなく 時だけが過ぎ去る

問いかけた言葉は 虚空に消え

朧に霞む春の月 この想い風と舞い散れ
宵の空に淡く融けて消え行く 数多の追憶

届け 夢現に託すこの願いの花を
宵の空に浮かび寂しげに輝いた朧月
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:朧月 歌手:暁月凛

暁月凛の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-08-08
商品番号:SRCL-9832
SMR

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP