試聴する

朝顔

この曲の表示回数 27,741
歌手:

レミオロメン


作詞:

藤巻亮太


作曲:

藤巻亮太


楽だねって ラクダを前に 笑えねって首捻る
砂だねって 当たり前に 砂漠はどこまで続くかな?

ごめんねって トカゲ達は 雨をギュっと逃がさない
アチチチッて 昼になれば 卵だって焼ける大地

水が飲みたくなった 飲みたくなってはじめて
大切なもの”ほら”見えた気がする
夜になり虫メガネが外れたら 一息入れながら

砂漠を歩きましょう 月は砂をなじる
一人で歩けるさ 朝顔の種を蒔き

変わんねって どこもかしこも 同じような砂のコブ
焦んなって地平線に逃げ水が薄ら笑い

水が恋しくなった 恋しくなってはじめて
いらないものに”ほら”こんなに縛られてる
心に満たすは単純に水だ たっぷり蓄えて

砂漠を歩きましょう 開いた朝顔の花
一人で見た夢も 束ねて大きくなる

砂漠を歩きましょう 枯れてもなお種を蒔き
一人で歩けない 時を経て大きくなれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:朝顔 歌手:レミオロメン

レミオロメンの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-11-19
商品番号:VICL-61237
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP