試聴する

神様と林檎飴

この曲の表示回数 4,849
歌手:

ハチ


作詞:

ハチ


作曲:

ハチ


林檎飴舐めた女の子一人 屋根の上にて
もう疲れたの 言葉にするのも 雨降りを待つ
まあ 何かと思えば猫の鳴き声 ラ ラリンドウ
なあ 連れて行け 私の身体を 何処へでも

神様の背中には
林檎の樹が一つだけ
「泣くな乙女、また歌え」
何処へ行こうか

ゆらり揺れ 山を跨ぐ猫 紫陽花の花
猫の歩いた 跡に雨降る 涙が溜まる

神様の言葉なら
割れた喉を潤そう
「泣くな乙女、また歌え」
何処へ行こうか

何処へ行こうか

ランババ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:神様と林檎飴 歌手:ハチ

ハチの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013/10/23
商品番号:DDCZ-1916
リイシューレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP