試聴する

黄金時代

この曲の表示回数 540

アイツがあっちに行った夜
味のない酒を飲みながら音のない昔話を繰り返していた
くだらない火花散らしては汗だくのままで笑ってた
今となれば眩しかった太陽しか思い出せない

一人だなんて言うなよ
俺は見ていたんだよ
誰にも伝わらない輝きに満ち溢れてた
咲いて散らした花をまた咲かせようとした
君は間違っちゃいないと誰かに言ってほしかった

走ってる時は恐くなかった
立ち止まった時に考えた
ゴールが何処にも見えてこないって事
気付かないうちに通り過ぎた?
はじめからそんなものはなかった?
努力賞ばっかのレースだと笑い飛ばすヤツがまたやめていった

強く生きていたいんだと誰もが向かい風の中
隣で走っていてもお互いに目も合わさずに
そばにいてほしいんだと
抱きしめてほしいんだと
素直でいられるのはいつだって歌の中だけ

指された後ろ指に気づかないふり
聞こえないように
曲がり道が増えていくけど
ブレーキはとっくに壊れたまま

一人だなんて言うなよ
俺も息を切らしてるよ
誰にも伝わらない輝きで見えないほどに
咲いて散らした花をまた咲かせようとした
傷だらけ 埃まみれ
だけどそれはきっと美しい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:黄金時代 歌手:サナダヒデト

サナダヒデトの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-06-19
商品番号:SH-103
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP