試聴する

夕映えの丘で

この曲の表示回数 655

潤んだ瞳で見下ろした
少女は丘の上でひとり
いつかと同じ花束を抱えて

遠くに昇る太陽が街に光を運んでいく
それをひとり眺めるのが好きだった
照らされていく街並みは色を取り戻していく様に
生まれ変わった一日を報せている

風が吹いて 抱えていた花束を落としてしまった
もう今は涙が溢れることもないけど

私は変わったんだろうか
何かを忘れたんだろうか 夢は醒めない
重ねて色を変えたって
そこから消えてはいないんだ
生まれ変わっていく

少女は丘を後にして 賑わう人を掻き分け歩く
「街で囁かれる噂、聞いたかい?」
遠くに沈む太陽が街の光を奪っていく
「“明けない夜がまた近く訪れる”と」

風は止んで 色の減った 街が思い出させる
生まれ持ったものもひとりじゃ光れないこと

夜の向こうで朝が待ってる

私は変わっていくんだ
新しい私を知るんだ 夢は醒めない
明けない夜と出逢ったって
消えない光を辿って
夜の向こうへ 生まれ変わっていく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕映えの丘で 歌手:Halo at 四畳半

Halo at 四畳半の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-06-05
商品番号:COCP-40829
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP