二十歳の僕らは澄みきっていた

いいね!
この曲の表示回数 1,476
歌手:

ハルカトミユキ


作詞:

ハルカ


作曲:

ハルカトミユキ


新しい季節 過ぎ去って
見慣れていたサンプラザも遠く
ああ 君と中央線、
過去に変わった
レンタルのパンクロックには
魔法がかかってたはずなのに
ああ 夜と環状線、
僕をせかした

立ち読みした小説の中
ださいセリフをお守りにして

ユラユラゆれた時のはざまで
二十歳の僕らは澄みきっていた
寝っころがって夢をなぞった
怒りと若さのやり場探して

君と歩いた線路の上で
煙草ふかして笑った
何もなくってもこわくなかった
37度の微熱がいつか
冷めてくことがこわかったんだ

変わらない景色 見送って
見飽きていたライブハウスの中
ああ 君は歌うこと
やめると言った
池袋で日々はもつれて
「ぼくたちの失敗」を聴いてた
ああ 長い自由時間
終わる気がした

他愛なく君と話した
悪口だけが希望だったよ

イライラしてたフラフラしてた
普通の僕らが愛おしくって
絶望なんて当たり前だと
昔の誰かは歌ってくれた

忘れることも壊れることも
うまくできない僕らは
謝りたくて殴られたくて
それでもいいよ、
と許されたくて

他愛なく君と話した
悪口だけが希望だったよ
希望だったよ

ユラユラゆれた時のはざまで
二十歳の僕らは澄みきっていた
寝っころがって夢をなぞった
怒りと若さのやり場探して

忘れることも壊れることも
うまくできない僕らは
謝りたくて殴られたくて
それでもいいよ、
と許されたくて
正気のままで愛されたくて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:二十歳の僕らは澄みきっていた 歌手:ハルカトミユキ

ハルカトミユキの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-05-29
商品番号:AICL-3706
SMAR

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP