試聴する

二度目の青春

この曲の表示回数 6,895

古いアルバムに夕日があたると淋しくて
時間列車で昔へと帰る 堅いシートのひとり旅
忘れても忘れてもあなたは生きてる
私も生きているから…
過ぎゆく季節が愛おしい
疵あと消えてしまえば
憎しみも愛された証(あかし)ね
一緒に駆け抜けた二度目の青春
セピアになっても忘れないから

素肌に残ったあなたの愛やぬくもりに
シャワー当てると思い出が溢れ そっと夜更けに涙ぐむ
忘れても忘れてもあなたは生きてる
私と生きているから…
夕食並べたテーブルで
乾杯グラス鳴らせば
ジェラシーも愛された証ね
あの日の大空を覚えていたなら
私を今すぐ抱きしめに来て

過ぎゆく季節が愛おしい
疵あと消えてしまえば
憎しみも愛された証(あかし)ね
一緒に駆け抜けた二度目の青春
セピアになっても忘れないから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:二度目の青春 歌手:五十川ゆき

五十川ゆきの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-04-24
商品番号:CRCN-8243
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP