昭和38年

この曲の表示回数 279
歌手:

ブラボーしろう


作詞:

ブラボーしろう


作曲:

ブラボーしろう


空き地にこしらえた 秘密基地に集まった
風呂敷のマントの僕は 昭和38年生まれ
お決まりのポーズで 朝から晩まで走ってた
母さんの大きな声で 急にお腹を空かせて
家族四人の食卓は カレイの煮つけと卵かけご飯
今日1日の出来事に みんなで腹を抱えて
あの頃の馬鹿げた夢は
少しづつ萎んで消えた
でもここにいる僕はあの頃の
僕と同じ僕なはずなのに

席替えで引き当てた 窓際の席がお気に入り
筆箱を踏んで試した 昭和38年生まれ
百科事典で見たアポロ 兎がいるのか探してた
大人になれば僕だって 銀色の服に身を包み
あの時の小さな夢を
思い出すこともないまま
でもここにいる僕はあの頃の
僕と同じ僕なはずなのに

あの頃芽生えた炎が
今でもこの胸でくすぶって
ほらここに立つ僕はあの頃の
僕と同じ僕なはずだから
そういつまでも僕はあの頃の
僕と同じ僕なはずだから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:昭和38年 歌手:ブラボーしろう

ブラボーしろうの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-04-10
商品番号:YZWG-29
エイフォース・エンタテイメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP