試聴する

白夜月

この曲の表示回数 1,439
歌手:

斬波


作詞:


作曲:


種も仕掛けもない日々に
出逢えた奇跡
木漏れ日照らす昼の恋
脈を打つ刹那(せつな)のしらべ
微笑みが覗きこんだ
青い空にあなたをみた
どうかそのままでいて
幻で終わらせないで
あなたのせいで素直になれなくて
好きなのに嫌われようとしていた
この涙は届かないでしょう
目を閉じても煌めく白夜月

春一番に後押され
踏み出す勇気
届かないと知っているから
その背中で僕を感じて
澄んだ小春日和
あの時から一途でした
霞む写真立ての笑顔探して
空を眺めた
あなたがいなくても生きていけるから
さよならをいつも胸に隠してる
まだ変わらずに追いかけるのは
目を閉じても消えない白夜月

木枯らしの行く末
粉雪はこぶ声
降り積もるありがとう
言えないままで彷徨(さまよ)ってる

下弦の瞬き見失わぬように
満ち欠け儚き想いは美し
あなたのせいで素直になれなくて
好きなのに嫌われようとしていた
この涙は届かないでしょう
目を閉じても煌めく白夜月

今すぐにもあなたに逢いたいよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白夜月 歌手:斬波

斬波の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-27
商品番号:TKCA-74774
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP