試聴する

硝子の靡風

この曲の表示回数 10,236
歌手:

KOTOKO


作詞:

KOTOKO


作曲:

KOTOKO


遠く陽炎に消えた川辺の町には
風追う無防備な声が

当分、あの日みたいに笑えそうにないけど
蒸れた靴を脱いで 伸びた葦の隙間で

そっと目を閉じた
空までは追えそうになくて

いつか君が好きだと話した町で
一人きり想い出を探して 今やっと気付いた
ああ…大切すぎると時は悪戯に過ぎてゆく
僕はふっと頷いた
君はもういないのに…


全部、嘘みたいで右胸叩いた
息が苦しくなって 残されたこと知った

そっと目を閉じて
止まれない弱さを悔やんだ

いつか君が好きだと話した町で
僕だけが少しずつ大人になってゆくんだね
ああ…空回りしてた夢は
大丈夫、君よりも上手にね 叶えてみせるよ

いつか君が好きだと話した町で
時だけが音もなく流れて 二人は出逢えた
ああ…もう二度と会えないけど 忘れない
弱虫な僕をただ笑い飛ばした 君らしい優しさを


遠く陽炎みたいなあったかい笑顔は
静かにその瞳を閉じた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:硝子の靡風 歌手:KOTOKO

KOTOKOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-06-08
商品番号:GNCA-1051
ジェネオン エンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP