硝子の靡風

KOTOKO

硝子の靡風

作詞:KOTOKO
作曲:KOTOKO
編曲:高瀬一矢
発売日:2005/06/08
この曲の表示回数:17,435回

硝子の靡風
遠く陽炎に消えた川辺の町には
風追う無防備な声が

当分、あの日みたいに笑えそうにないけど
蒸れた靴を脱いで 伸びた葦の隙間で

そっと目を閉じた
空までは追えそうになくて

いつか君が好きだと話した町で
一人きり想い出を探して 今やっと気付いた
ああ…大切すぎると時は悪戯に過ぎてゆく
僕はふっと頷いた
君はもういないのに…


全部、嘘みたいで右胸叩いた
息が苦しくなって 残されたこと知った

そっと目を閉じて
止まれない弱さを悔やんだ

いつか君が好きだと話した町で
僕だけが少しずつ大人になってゆくんだね
ああ…空回りしてた夢は
大丈夫、君よりも上手にね 叶えてみせるよ

いつか君が好きだと話した町で
時だけが音もなく流れて 二人は出逢えた
ああ…もう二度と会えないけど 忘れない
弱虫な僕をただ笑い飛ばした 君らしい優しさを


遠く陽炎みたいなあったかい笑顔は
静かにその瞳を閉じた

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

×