メモリー・バンド

この曲の表示回数 163
歌手:

キュウソネコカミ


作詞:

谷中敦


作曲:

沖祐市


夢見る 季節を 過ぎて
涙も 無視して 泳いだ
リスクの 大きな 仕事も
手ひどく 負けた ときも

共に 悩み 迷って
笑い飛ばして
みんな 文句 呑み込んでいた
一人 一人 走り続けた
走った あとは 飛び立つだけ

君は楽しすぎて泣いた泣き出した
ぼくらには全部分かった
誰にも言えないような哀しみも
大切な秘密の絆になった

いつも 言いたいことを
胸に 秘めてた
それで良かったのかな

ことばで ただ 慰めるより
眼を 見て 分かりあえるのさ
別な 道を 歩くときでも
もし それが さよならでも

君は楽しすぎて泣いた泣き出した
ぼくらには全部分かった
ずっと一緒にいられなくなっても
いつまでも 忘れやしない
ぼくら人生のステージの上には
いつだって全員で並んでいる

君だって

あいつも

あの子も
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:メモリー・バンド 歌手:キュウソネコカミ

キュウソネコカミの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-13
商品番号:CTCR-14956
cutting edge

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP