遥かなる想い

この曲の表示回数 1,258
歌手:

まつざき幸介


作詞:

伊勢正三


作曲:

南こうせつ


誰もが一度 川の流れを
変えてみたいと
若くもえたあの日の唄が
どこかで聞こえている

にぎやか通りぬけ
裏通りの陰で
ふっと足を止めたその時
いつも聞こえてくる

若い夢が 君のその手に
育ち始めたら
そっと愛を知った人へと
わたしてくれるかい

小さなともしびが
ひとつふたつ ともり
一人じゃないと知ったその時
明日が笑ってる

はじける汗と風の匂いが
旅へと誘うから
ぼくらのくつは いつも半分
すりきれているだろう

愛したあの人は
今どこにいるのだろう
いつか君を むかえに行こう
約束はできないけど

いつか君を むかえに行こう
約束はできないけど
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:遥かなる想い 歌手:まつざき幸介

まつざき幸介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-06
商品番号:CRCN-20456
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP