美に入り彩を穿つ (M@STER VERSION)

小早川紗枝(立花理香)、塩見周子(ルゥティン)

美に入り彩を穿つ (M@STER VERSION)

作詞:野口圭
作曲:渡部チェル
発売日:2019/02/20
この曲の表示回数:16,155回

美に入り彩を穿つ (M@STER VERSION)
色鮮やか 金と紅(べに)の 絵巻を 紐解いて
見せてあげる いとけない瞳に 写した千の夜

さぁ 美に入り彩を穿つ 君の心模様
ほら 恋に揺らめく頬の茜は 薄化粧
ふわりひらり 舞い散る花
誘う風に髪を ほどきいざ尋常に

この恋の一途を 胸の痛みを 艶(あで)やかに
さぁ恋は一夜(ひとよ)で 惑う少女を 綺麗に変えるもの
想いを紡げばいい 言の葉にのせればいい
「逢いたい 涙が 冷めぬ間に」
この解(ほど)く絵巻の 八千代の果ても 麗(うら)らかに
さぁ墨絵の龍の 合わせ鏡の 向こうへ翔(か)けるほど
君の指が触れて彩るのは
愛という時をはるか超えて続く物語

花簪 髪にさして 想うは 永遠の夢
一番星 藍に染まる空に 烈しく身を焦がす

さぁ 美に入り彩を穿つ 夢は朧月夜
ほら 夜風に遊ぶ琴の調べは 桃源郷

河の流れのように 恋絵巻は 開いて
愛しさが溢れる 張り裂けるように
逢いたくて 恋しくて あなたへと届け

ふわりひらり 舞い散る花
はらりはらり こぼれる涙
濡れた袖はそのままに 推して参りましょう
絢爛に

この恋の一途を 胸の痛みを 艶(あで)やかに
さぁ恋は一夜で 惑う少女を 綺麗に変えるもの
想いを紡げばいい 言の葉にのせればいい
「逢いたい 涙が 冷めぬ間に」
この古(いにしえ)よりの 巡る縁(えにし)の行(ゆ)き先に
さぁ蒔絵の鶴の 螺旋の渦の 無限を超えるほど
君の髪を飾り彩るのは
愛という時をはるか超えて続く物語
美に入り彩を穿つ君の恋絵巻

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

RANKING

小早川紗枝(立花理香)、塩見周子(ルゥティン)の人気歌詞ランキング

小早川紗枝(立花理香)、塩見周子(ルゥティン)の新着歌詞

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:18:00

  1. 阿修羅ちゃん
  2. 初心LOVE
  3. ベテルギウス
  4. 夜に駆ける
  5. あわてんぼうのサンタクロース

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Have a nice day
  2. 僕らの季節
  3. 料理
  4. なきむしうさぎ
  5. クエスチョン

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照