エガオノカナタ

この曲の表示回数 2,348
歌手:

Chiho feat. majiko


作詞:

牧野圭祐・H△G


作曲:

宮田“レフティ”リョウ


蝶の羽 むしる少女は、
村の大人に無垢に笑いかける「キレイだよ」って。
夜の街 舞う踊り子は、
過去の傷をえくぼで覆う。

遥か遠い異国の地でも、肌の色 違っても、
微笑むことで 笑うことで 人は生きている。
そうやって時代は続いてゆく。

新世界を創るのは連綿と咲く笑顔の花。
辛苦な暗い思いなんて胸に隠して。
現実は残酷でも涙を代価にして、
いつか僕ら太陽に向かう花になれる。

真実を知った彼女は、
あざけり自分と対峙する。

弱さと過ち 受け入れて、歩き出す決意は
進むことも 捨てることも とても怖いけど。
きっと笑える日を信じて。

深呼吸で吐き出した自己嫌悪に別れ告げて、
感情の渦 憎悪や嫉妬 まっすぐ見据えて。
震える言葉と気持ち。不安 抱え込んだって、
いつか僕ら太陽に向かう花になれる。

決断の苦しみを 傷みを
代価にして生きてゆく、ずっと。
微笑むことで 笑うことで 明日は来るから、
永遠に命はつながってゆく。

僕らに終りが来ても…
新世界を創るのは連綿と咲く笑顔の花。
絶望の夜、闇 切り裂いて 光 探して。
現実は残酷でも笑顔を絶やさぬように、
いつか僕ら太陽の如き花となり、
そう いつか心から笑い合おう、君と。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:エガオノカナタ 歌手:Chiho feat. majiko

Chiho feat. majikoの新着情報

  • 星巡讃歌 / ♪草木は枯れて生きとし生ける

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-01-23
商品番号:XNST-10001
Stray Cats

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP