試聴する

湯の町情話

この曲の表示回数 7,724
歌手:

金田たつえ


作詞:

原文彦


作曲:

三宅広一


窓の下から ささやくような
川のせせらぎ 枕にさわぐ
あなたこの手を 離しちゃいやよ
愛を誓った いで湯の里の
朝がまぶしい 夏もみじ

わたしあなたの お魚ですと
そっと甘える しのび酒
あなたこの手を 離しちゃいやよ
酔って畳に 解いた帯が
川になります おんな宿

燃えて何度も あなたに散った
あかい契りの 一夜花
あなたこの手を 離しちゃいやよ
遠く聴こえる かじかの声が
耳に今でも 残ります
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:湯の町情話 歌手:金田たつえ

金田たつえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-01-23
商品番号:COCA-17548
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP