最期の別れ

この曲の表示回数 920
歌手:

栗田けんじ


作詞:

鮫島琉星


作曲:

矢野たかし


見知らぬ人たちが たくさんやって来て
大好きなお母さん 連れて行った
僕を抱きしめて ふるえて泣いてた
なぜか分からない 最期の別れ

首輪をはずされて「さぁお行き!」と言われても…
この街に生まれて 行くあてもないんだ
毎日 玄関で帰りを待っているよ
もう一度「おすわり」ほめてほしいな

消えたままの信号 車も通らない
ここはどこだろうか 人はみんな消えた
思い出は楽しい ボール遊びばかり
靴を隠したこと 許してほしい

見知らぬ人たちが たくさんやって来て
大好きなお母さん 連れて行った
僕を抱きしめて ふるえて泣いてた
なぜか分からない 最期の別れ

生まれてはじめてさ 一人ぼっちの散歩
色も臭いもない 故郷(ふるさと)は死んだの
日が暮れてきたのに お腹もすいたのに
誰ひとりとして 帰ってこない

月明かりたよりに うつろにさまよって
泥水をすすって 草をかんで生きた
寂しくて夜通し 吠え続けていたら
力尽き果てて 眠くなったよ

見知らぬ人たちが たくさんやって来て
大好きなお母さん 連れて行った
僕を抱きしめて ふるえて泣いてた
なぜか分からない 最期の別れ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最期の別れ 歌手:栗田けんじ

栗田けんじの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-01-01
商品番号:TKCA-91135
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP