昭和たずねびと

この曲の表示回数 33,133
歌手:

石原裕次郎


作詞:

杉紀彦


作曲:

三木たかし


男と女の つきあいは
燃えたら終りが 直ぐに来る
ひと晩かぎりで 灰になり
風に消えるも いいだろう…
あゝ あいつ昭和のたずねびと

男と酒場の つきあいは
昨日とあしたの 曲り角
夢追う季節は 酔いしれて
枯れる季節は 酔いどれる…
あゝ おれも昭和のたずねびと

おとことおとこの つきあいは
学生時代の ままで行く
見果てぬ望みに 胸こがす
遠い時代の ままで行く…
あゝ あいつ昭和のたずねびと

心と心の つきあいは
結んでほどいて また結ぶ
哀しみまみれの 束の間に
みえるまぶしい 青空さ
あゝ おれも昭和のたずねびと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:昭和たずねびと 歌手:石原裕次郎

石原裕次郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-12-16
商品番号:TECE-50891
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP